face_angry_woman4
855: ↓名無しさん@おーぷん 19/12/09(月)15:53:21 ID:mj.do.L2
中学生の頃一時的に住んでいた八王子の某所に、半分地元の名物と化してる老人がいた
母曰く、奥さんに離婚されて子供全員に見捨てられてから「地域自警団」を称して子供と女性に絡むようになったらしい
自警団と言うけど団員はこの老人一人とのこと
絡む理由も「これは離婚されるだろうなあ…」って感じ




髪色やネイルや服装への説教。
スーツの女性がヒールを履いてなかったら説教。
歩きタバコしてる自分を棚に上げて喫煙所でタバコ吸ってる女性に絡んだりとか
歩道を自転車で走ってる自分を棚に上げて、二人並んで歩いてただけの女性に「邪魔邪魔」とベルを鳴らしたり
うちの母も地図アプリ開いただけで「交差点で歩きスマホするな!」って絡まれたらしい
地域の人たちは
「あのおじいちゃんボケてるから…」「そろそろ足腰立たなくなって引きこもるでしょ」
で済ませてたけど、私は我慢できなかった
どうせ父の仕事の都合ですぐに立ち去る土地の因習に合わせてやる義理もないし
ある日、学校の制服の上にマフラーとコート着てたことを何故か咎められた時に、小学生の頃交通安全教室で学んだ知識を活かして
「自転車は歩道を徐行もしくは車道を走行しましょー!」
って、自転車で歩道を走ってた老人に叫んでやった
逆上されて殴られるのは覚悟の上だった
でも老人は
「うる、ゲホッゲホッ!うるせえ!」
とだけ叫んで逃げた
以降、何故か私には絡んでこなくなった

引用元: ・その神経がわからん!その53








このまとめが気に入ったら
「フォロー」をよろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2019年12月13日 11:19 ID:okusamakijyo

おすすめ記事