unhappy_woman2
902: おさかなくわえた名無しさん 2019/12/05(木) 15:17:30.37 ID:0MtmtyEj
きのうの某番組を観てたら女子4人対1人の構図ができてて、それで思い出した小学生の頃の話

たぶん3年生くらいだったかな
通ってた小学校は生徒が少なくて、学年に1クラスのみ、人数は16人くらいしかいなかった(女子11人、男子5人)
私は小2の2学期に転入してきたんだけど、引っ込み思案で声が小さくて「ぶりっこしてる」とボス格の女子とその取り巻きから軽くいじめられていた

男子のなかに、まるちゃんでいう大野くんと杉山くんみたいな男子が2人いたんだけど、私と仲が良く、放課後2人でよく遊んでた男の子を仮に杉山くんとしよう

ある日杉山くんが近々家族の引越しで転校することを私だけに教えてくれた
昼休み、周りには他の女子もいたんだけど「(私の苗字)~こっちこいよ!秘密の話があるんだ!」みたいな感じで呼ばれて教えてもらった
話が終わると杉山くんは「誰にも言うなよ!」と言って教室に戻ってた行った

近くにいた、私をいじめていた女子たちが「なんの話?」と問いただすが私は「言えない」と秘密を守ってた
その時から「なに話してか教えなよ」としつこく問いただされるようになった



903: おさかなくわえた名無しさん 2019/12/05(木) 15:23:59.60 ID:0MtmtyEj


どんなにしつこくきかれても杉山くんの転校の話をバラさなかった私はある日の昼休み、その女子たちに図書室に呼ばれた

「ここに入ると自分の部屋みたいで楽しいよ~」と女子たちが掃除用具入れ(ホウキやチリトリを収納する木製の縦長の収納箱)に入り他の子が扉を閉めたり開けたりして順番に入ったり出たりを繰り返してた
私は断れずに「次はお前だよ」と言われるがままに掃除用具入れに入ると、数人の力で扉を押さえられ閉じ込められた

「秘密の話、教えてくれないと開けないよ」と言われたが言わない、とそれだけ言って、昼休みが終わるまでずっと出してもらえなかった

チャイムが鳴ると女子たちは走って教室に戻って行ったのが足音でわかった

私は何事もなかったように教室に戻って行った

いまだに女子の群れは苦手

引用元: ・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 184度目






このまとめが気に入ったら
「フォロー」をよろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2019年12月14日 23:19 ID:okusamakijyo