tsugaku_boy
369: ↓名無しさん@おーぷん 20/01/06(月)12:22:40 ID:???
とても長くなってしまったけど書かせてね。

昔、爺の親友が事故で亡くなって遺された一粒種の男の子をうちで育てたの。
その辺りの事情は長くなるし、身バレも困るので割愛するけど
すでに6歳になってたから本人も事情は大体分かってて、
でも亡くなった親友と共によくうちに遊びに来てたから、うちの生活に慣れるのは早かったの。
本当は養子にしたかったのだけど母親が養子にすることだけは了承しなかった。
うちには子供がいなかったから、子育てについて戸惑うことも多くて
どう対応していいのか分からない時もあったけど
婆と爺の双方の両親も孫として接してくれたし、
友人たちも協力してくれたし、色々教えてもらいながら頑張って育てた。
でも普段明るくて良い子なのが、時々暗い目になることがあって
それがすごく気になったりもしたわ。
一年も一緒に暮らすと、もう我が子にしか思えなくなって可愛くて可愛くて
いつか母親が迎えにくるかも知れないと思うと不安で震えることもあった。
で、息子(と書かせてね)が高2の時に転換期があったのよ。
ある日息子が「卒業したら就職する」って。
それに対して爺は「学力は十分あるんだから大学は行った方がいい。
行きなさい。お金の心配は要らないから」って言ったんだ。
お金の心配してるのは黙ってても分かったから。
もっと早く言ってあげたら良かったと反省したわ。
こっちは我が子として育ててるつもりだったから学費は用意してたの。
そしてこの時に息子が思いのたけを話してくれたのよね。

子供の頃、父親と一緒にうちに遊びに来てたころ
お母さん(婆)が作ってくれるごはんが美味しくて
いつもこんなの食べられたらいいなぁって思ってた。
そしたらお父さんが死んじゃって、お母さんに捨てられて
罰が当たったってずっと思ってた。
中学の時に新しい家(婆たちのマイホーム。それまでアパート暮らしだった)が建った時
僕の部屋があって嬉しくて泣いた。
ちゃんと僕を息子だと思ってくれたんだって。
でも大学に行きたいってのはどうしても言えなかったって。
奨学金を借りてってことも考えたけど、自分みたいな境遇が
ちゃんと就職できるかどうかも分からないし、
払えなくなったら婆たちに迷惑掛けるしと思ってたって。



370: ↓名無しさん@おーぷん 20/01/06(月)12:22:57 ID:???
その後無事に大学に進学して、就職もしてくれた。
初めてのお給料を貰ったとき、週末に帰省してきて焼肉連れてってもらったわ。
今は仕事の関係で遠方で暮らしてて、昨年の春に結婚したの。
そしてこの年末、夫婦で帰省してきたの。
お嫁さん、5ヶ月ですって!
どうしましょ、リアル婆になるのねw
お嫁さん、体育会系のお嬢さんで、妊婦さんなのにテキパキしてて
婆の方が心配でソワソワしちゃったわw
とってもカッコいいお嫁さんで、息子と並んでる姿を見るとなんか涙が出ちゃった。
29日にうちに来て、元旦にはお嫁さんのご実家の方に向かったのだけど
その後爺とふたりで6歳の頃からの思い出を語り合ったわ。
引き取って良かったなぁって。

本当の母親はどこでどうしてるのか分からないのよ。
色々葛藤があって手放したのは分かってるから
手放した理由もちゃんと息子には話してあるの。
うちに引っ越す時に、知らせようとしたのだけど
言われていた連絡先にはとうに居なくなってて。
今どこでどうしてるのか分からないけど、
あなたの息子はきっと立派な父親になると思うわ。

372: 名無しさん@おーぷん 20/01/06(月)13:34:18 ID:???
>>370

おめでとう。
素敵なお話だわ。きっと楽しい話ばかりじゃなかった筈よね。
これからもきっといいことばかりよ。愛が何かを知っている息子さんですもの。きっと婆様たちの愛を次に繋げていってくれるわ。

373: ↓名無しさん@おーぷん 20/01/06(月)14:04:56 ID:???
>>370

よかったわね!素敵な息子さん夫婦でうらやましいわ
末永く仲良く幸せにね

374: ↓名無しさん@おーぷん 20/01/06(月)14:28:27 ID:???
>>369

>罰が当たったってずっと思ってた。

いじらしいというか、とても切ないわ
息子家族も婆さま夫婦も、これから思いっきり幸せになりますように!

375: ↓名無しさん@おーぷん 20/01/06(月)15:14:05 ID:???
>>374

婆もそこで泣けたわ。
子供なりに色々思ったんでしょうね・・・。

引用元: ・■□■ チラ婆のチラシの裏 ■□■ part.25








このまとめが気に入ったら
「フォロー」をよろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2020年01月13日 09:18 ID:okusamakijyo

おすすめ記事