hyoujou_shinda_me_man
213: おさかなくわえた名無しさん[sage] 2011/07/24(日) 08:41:30.93 ID:pGm2P+z3
先月あった満員電車の話です。 

僕は隣県まで電車で30分以上かけてバイトしに行っている学生です。
バイトの終了時間的に満員?電車に乗ることが多い。
僕はケガで足を悪くしていた(一生治らないレベル)ので、立ちっ放しはバイト後なのもあってキツイ。
よって優先座席に座っていました。

すると、
50過ぎと思われるおっさんが僕の前に立ち、
「おい、そこは優先座席だぞ。若いモンが座る席じゃねーぞ、立て!」
と絡んできました。
僕は見た目背が低くて痩せていたのでタゲられた模様。
別の優先座席のDQN風のにーちゃんには一切触れず。 

僕は「ケガで足が悪くて立っているのが辛いので座っているんですが」
と主張。
おっさんは「嘘つけ!例え少々きつくてもがまんしろ!」とさらに言いがかりを。



216: おさかなくわえた名無しさん[sage] 2011/07/24(日) 09:00:36.10 ID:pGm2P+z3
僕は「本当です。僕より大変そうな方がいれば譲りますけどね」と言ったら
「ワシはお前なんかよりよっぽど疲れとるんだ。若いんだから代われ!」
と言い出した。
(ああ、このおっさん自分が座りたいだけなんだな。)と思うとむかついてきた。

そこで、僕は目の前を物色してみた。
おっさんは僕から見て右にいたのだが、左に荷物を抱えた70くらいのよぼよぼのおばあちゃんがいた。
おばあちゃんは心配そうに僕を見ていたので
「おばあちゃん、荷物多くて大変そうですね。よかったらどうぞ。」と言った。

218: おさかなくわえた名無しさん[sage] 2011/07/24(日) 09:03:31.50 ID:pGm2P+z3
おばあちゃんは「ありがとう。でも・・・。」とおっさんの方をみたので
「お気になさらずに。ね、おじさんもまだ働いてらっしゃるみたいですし
より高齢者の方に譲るんですから納得ですよね。
それともまだご自分が座られるつもりですか?」と言ってやった。
おっさん何も言えず顔真っ赤。 

正直立ったまま電車に乗るのは相当つらかったですが、つり革にしがみついて
我慢しました。
おっさんからの視線が痛かったですがとてもすっきりしました。
駄文失礼しました。

引用元: ・胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(99)








このまとめが気に入ったら
「フォロー」をよろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2020年04月01日 18:39 ID:okusamakijyo

おすすめ記事