obasan_shock



192: 名無しさん@おーぷん 2017/12/13(水)23:24:55 ID:9Mz
友達が意識高いビジネススクールに行き始めてやなやつになった。

彼女もわたしも同じ大学で、彼女は経済学部から同大学の経済学の院、MBAも取れるいわゆるビジネススクールに進んだ。
わたしは別学部から普通に就職。
彼女の生活は刺激的らしく、もともと向上心の強い子だったが
どんどん意識高い感じになり、
「この会社はマーケティングが強くて福利厚生もよくて就活生に人気、行きたい」
「あそこの外資系コンサルは世界一人気でみんな羨む会社でうんぬんかんぬん」と
「会社の市場価値」みたいなものを語るようになった。



193: 名無しさん@おーぷん 2017/12/13(水)23:25:28 ID:9Mz
私は、好きなことを仕事にして人の役に立ちたいという価値観なので、
彼女は社会的評価ばかり気にしているように感じ、話が合わなくなってきた。

ブロガーの、マッキンゼー万歳の「ちきりん」みたいな感じ。
言ってることは論理的だし一面では正しいかもしれないけど、
世の中お金と会社以外にもいろんな価値観あるし、自分の価値観がすべてみたいに語るのはどうだろう、という感じ。
 

194: 名無しさん@おーぷん 2017/12/13(水)23:28:59 ID:9Mz
ある日、彼女が任天堂についてスクールで学んだ、
任天堂が好きだ、という話になった。
スーファミまでトップシェアを走っていたがプレステに負け、DS・wiiで盛り返した、というストーリー(3DS、WiiU、スイッチは未発売の時期)を語っていた。

わたしは昔からファミ通を毎週買ってるややゲーオタで、任天堂の興亡は、ファミコン、ゲームボーイ時代からずっとやってて身近で知ってる。
ハードはもちろん持ってるし、ソフトではマリオシリーズもRPGやUSAも含めてやりこんでるし、ゼルダもカービィもフォックスもスマブラもマリカもポケモンも(以下略)寝るのを忘れてプレイしまくったし、任天堂の復活をずっと応援していた。

なので、「そうなんだよねー、任天堂はいいソフトとハードを作るのに、ロード時間の長いプレステに負けてね~、当時はね~…」と話に乗っかったら、
「いや、それくらい知ってるから!めっちゃ勉強したから!私任天堂のファンだから!!」とプライドと対抗心剥き出しで制された
(本当に、手のひらをこちらに向け、話を手で制した)。

でも、その子は知識では知ってるのかもしれないけど、ゲーム自体をまったくプレイしたことがない。
「任天堂」という企業の経営ストーリーと財務諸表を知っているのかもしれないけど、 だからといって、実際ゲームやってるユーザーに「私のほうが知ってるから!」と対抗心を持つか??

絵にかいたような、「知識はあるけど心を失ってるやつ」になったように見えて、それまでもギクシャクしてたけど、このあたりをきっかけに疎遠になった。

今思えば、その時に言い返せばよかったな~。
ケンカになっただろうけど、友達ならそっちがよかった。

引用元: ・友達をやめる時 inOpen 4





このまとめが気に入ったら
「フォロー」をよろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2020年10月22日 02:57 ID:okusamakijyo