car_bus


49: あなたのうしろに名無しさんが・・・[] 03/04/16 16:32
帰り道、車道の反対側から中学生ぐらいの子供が歩いてきた。
ゆっくりゆっくり・・・・・
その子供が私の視界から消えた時、車道の溝にある鉄板をものすごい速さで
踏む音がした。
振り返り、向こう側をみると、さっきの子供が必死に来た道を走る。
しかも後ろを振り返りながら猛スピードで。
こわかったよ・・・その表情が・・・・
何事?と思い子供の後ろに何があるのか探すと・・・
そこには1台のバス。
多分その少年はバスがなかなか来ないので、次のバス停まで行こうと思ったのだろう。
そこにバスがきて猛スピードで引き返す。
その速さは陸上部に匹敵するぐらい。
だがバスも速い。いや、速すぎる。
少年も負けず劣らずだが・・・・(顔が)
そのバス停に少年とバスが同じように滑り込む。
同時ゴール!!
「おぉ!!やるなw少年!!w」と思ったら・・・・
バスはそのまま等速直線運動をつづけ、少年はこける。
悲運にもそこでこけてしまい、運転手の視界から消えた少年は無視され、置いていかれる。
「かわいそ・・・・・」思わず声に出た。
だが少年はすぐさま立ち上がり、またバスを追いかける。
「なぜ君は走るのか・・・あのバスになにがあるんだ・・・・」
と佐川急便のCMに似た状況を覚えた。

なんにしろ少年の姿に激しくほんのり(?)・・・・・



50: あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] 03/04/16 16:52
>>49

ワラタ

51: あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] 03/04/16 17:27
>>49

かわいそ、…笑ったけど。少年がんがれ! 応援してるよ!

引用元: ・ほんのりと怖い話スレ、その12





このまとめが気に入ったら
「フォロー」をよろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2021年03月04日 03:57 ID:okusamakijyo