奥様は鬼女

既婚女性に関する話をまとめています。

人助け

キャラ

飼い猫を亡くして傷心旅行中倒れそうになり通りすがりのカップルに助けられハンカチで顔をふいてもらった

MK009_01_1

244: 名無しさん@おーぷん 2017/05/09(火)12:26:51 ID:Bh2
去年の今頃、飼っていた猫を亡くして傷心のまま一人旅してたら
胃を悪くしていたせいで吐いた上に、貧血で倒れそうになった
通りすがりの観光中のカップルにホテルまで連れて行ってもらい
ハンカチで顔をふいてもらった
ハンカチを返したいし、お礼もしたいから連絡先を教えて欲しいといったが固辞された
続き
キャラ

幼稚園児の妹がホームと電車の間に胸まで落ちた。祖母も私も妹もパニック

2086_2_1

68: 名無しさん@おーぷん 2017/03/29(水)15:59:38 ID:1RD
どこに書けばいいかわからなかったので。

私が小学3年生のとき、妹はまだ幼稚園だった。
祖母(足が少し悪いが、歩行に支障はない)と妹と3人で、一駅先のお祭りに行くため電車に乗ろうとしたときのこと。

ホームと電車の間が少し開いてて、祖母が先に乗り込み次に妹、最後に私が乗るはずだった。
祖母が電車の中から妹に手を伸ばして、さぁ乗るぞってときに、妹が足を踏み外し、下半身がホームと電車の間に落ちた。
続き
キャラ

バスの急停車で外国人の隣で立っていた中年の女性がバランスを崩してこけそうに。その瞬間、座席から外国人が両手を伸ばし女性をがっしりハグホールド!

img_9642f67e4d975279dbc846477115d196317059

238: 名無しさん@おーぷん 2017/01/07(土)16:44:00 ID:fir
何書いてもってことで。今日乗ったバスでの話。

私が乗った時点で席は空いておらず、車内は立っている人も多かった。
そんなバスの前の方に天井に頭がつきそうなほど長身の外国人男性が。いくつか停留所を過ぎ、彼は運良く途中で座席に座ることができた。

次のバス停に停車する時、停まったかと思い、立ち客が気を緩めた瞬間にもうワンアクセルを踏まれ車内が大きく揺れた。
続き
キャラ

歩道橋の下りあと5段ぐらいのところで後ろから駆け降りてきたおばさんが「邪魔!」って言いながらぶつかってそのまま謝りもせずに走って行ってしまった

7a529b33

542: 名無しさん@おーぷん 2016/12/06(火)19:37:30 ID:FbZ
買い物の帰りに歩道橋を渡ったんだけど、下りの階段のあと5段ぐらいのところで
後ろから駆け降りてきたおばさんが「邪魔!」って言いながらぶつかって
そのまま謝りもせずに走って行ってしまった。
私、そのせいで転げ落ちて肘を思いっきり擦りむいて腰もしこたま打った。
続き
キャラ

隣の平屋の家からヒックヒックと鳴き声が聞こえるので近づいてみると…

lgi01b201401271900

293: 名無しさん@おーぷん 2016/02/10(水)00:37:06 ID:dDL
長くなった、ごめんなさい。

私は地方都市に住んでいて、私の家は繁華街と古い住宅街が隣接
東京ではないけど歌舞伎町のようなガラの悪い繁華街の中に
古くからある民家がポツポツあり

本当に治安が悪くて、
12月ともなれば、そこらじゅうにもんじゃ焼きが落ちてる
喧嘩やひったくりはしょっちゅうで
女の子の悲鳴が聞こえて駆けつけると
携帯入りバッグをひったくられて、代わりに警察呼んだことも何度かある

当時20代後半だった私は実家で暮らしていた
今にも雪が降りそうな2月の寒い夜だった

夜中1時過ぎ、複数の男性の怒鳴り声が聞こえ
ドカッとか、ガターンとか喧嘩してるっぽい音は聞こえた
珍しいことじゃないし、女一人で出ていっても危ないので、放置してた

叩かれるかもしれないけど、私は喫煙者だった
私の実家は戸建てで角地
長い長方形の家なので、一方の隣の家は私の部屋から40m離れ
もう片方の隣家は老夫婦が住んでる平屋
3階のベランダで喫煙しても誰にも迷惑かけないのでホタル族だった

怒鳴り声と物音がしてから30分以上経過して
タバコを吸いにベランダに出たら、なんか鳴き声が聞こえる
ヒックヒックと聞こえるので、
「まさかこの寒空の下、放置子?」と驚き、玄関から出てみた
鳴き声は隣の平屋の家から聞こえる
近づいてみると

全 裸 の 白 い 大 き な 赤 ち ゃ ん 発 見 !
続き
キャラ

就活中、会社訪問先に向かうが遅刻気味!混雑する駅のホームで手押し車を引いた婆ちゃんが困っていた…。

image
45: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2010/10/14(木) 00:03:03 ID:xarZv5dV
コピペじゃなくて実話なんだけど・・。

就活中の出来事。
学生時代、その日も電車で会社訪問先に向かうべく、実家の最寄り駅に急いだ。
駅に着くとすぐ電車が到着した。ちょっと遅刻ぎみだったので「これに乗れば間
に合うな!」などと思いつつ、急ぎ足でホームに向かって、降りてきた乗客を
かき分けてその電車に乗ろうとしてたんだ。まあ平日昼間だったのでそれほど
混んでなかったんだけど、出入口が1箇所しかない駅なので電車が到着した直後に
飛び乗ろうとするとちょっと大変だったりする。
で、寄りによってその中に手押し車を引いた婆ちゃんが降りてきて、改札口に向か
う下り階段の前で、どうやって手押し車を降ろそうかと、手すりにつかまりながら
ガタガタやってた。ここで婆ちゃんを助けたら俺は電車に乗れず、会社訪問に遅刻
するかもしれない。でも降りてきた客は誰一人助けようとしない。どうしよう・・・。








続き
スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
スポンサードリンク
記事検索
お知らせ
皆様の体験談を募集しております!


簡単なアンケートを作ってみました!
管理人へのご要望ご感想なんでもどうぞ
頂いたご意見を元にサイトの改善をしていきたいと思っていますので、ぜひご協力お願いします!
    →アンケート
Twitter プロフィール
奥様は鬼女の更新情報をつぶやいてます!鬼女(既婚女性)の他にも生活系のネタ多数あります!ぜひ見ていってください!
follow us in feedly

アーカイブ
逆アクセスランキング
記事検索