happy_woman6
11: 名無しさん@どーでもいいことだが。[sage] 04/01/29 19:29 ID:cpXzA4Ad
かなり前、冬のコミケでサークル参加したときの話。
まったりと時々来るお客さんに応対をしていた。
その時には殆ど買いたい本も終わっていたので、売り子さんと一緒におしゃべりをしていた。

しかし、時間が立つに連れ、売り子さんの口数がドンドン減ってゆく。
気がつけば、顔は青いし唇も血の気を失っている。体が冷えすぎたらしい。
取りあえず、自分のコートを掛けてあげた(自分は肉の鎧が有るし)。



すると、お客さんの一人が売り子さんの様子を見て、
「あのーさっきまで手を暖かくするのに使っていた奴でスが要りますか?」
と、適度に暖かそうなカイロを差し出してくれた。

売り子さんがソレを受け取ろうとすると…
自分よりもう一枚肉襦袢を纏ったようなお嬢さんが、カイロを掻っ攫って逃走。
その場にいた全員が呆然。

でも、お客さんは苦笑すると予備の新品のカイロをあげました。
今でもこのお客さんには、ひいきにしてもらってます。

12: 名無しさん@どーでもいいことだが。[sage] 04/01/29 19:45 ID:YzguJvz4
>>11

なごんだ。お客様ドラえもん並にナイス!

引用元: ・あなたの心がなごむとき~第12章




1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2024年01月30日 19:47 ID:okusamakijyo